Topics

  • 大丸松坂屋百貨店での取扱いを開始
  • MEN'S EX 4月号に記事掲載

About

高台に聳える古城跡をシンボルに抱くスペイン東部の街アルマンサ。2世紀にわたり革靴の名産地として栄えて来たこの街でBerwick 1707は産声を上げました。Berwick 1707の名は後のスペイン継承戦争へと繋がる1707年の「アルマンサの戦い」で勝利を治め争いを終結させた英雄、フランス・スペイン連合軍の指揮官ベリック公爵「Duke of Berwick」に由来します。

1991年、MILAN CLASSIC社が設立されBerwick 1707は新ブランドとして始動します。当初はモカシンを主体とするラインナップでしたが、1996年に100%グッドイヤーウェルト製法のブランドとして生まれ変わりました。熟練職人を多く抱えるアルマンサ地方であったからこそ成し得た転換と成長でした。

英国のクラシックテイストとイタリアやフランスの色気を上手く融合させたスペインらしいバランスの取れたデザインは欧州を中心に高い評価を得ており、近年は日本やアジア地域にも広がり始めています。

品質を最重要視しつつも熟練職人の卓越した技術とテクノロジーを複合的に組み合わせた高効率な生産ラインにより生産性の向上とコストの圧縮を実現しました。従来の製品にないコストパフォーマンスを誇るBerwick 1707は今後もその探究心と弛まぬ努力により多くのお客様へ満足頂ける商品をお届けする事をお約束致します。

Movie

  1. 裁断

    Berwick 1707においては従来のナイフによる裁断に加え機械を用いた手法も採用しています。素材や数量により使い分け、高効率で生産性の高いパフォーマンスを実現しています。

  2. 縫製

    靴の見栄えに大きく作用するアッパーの縫製には手先の器用な熟練職人による細部にまで気を配った作業が求められます。整理整頓された現場での丁寧な「仕事」が靴作りの第一歩なのです。

  3. ラスティング・ウェルティング

    グッドイヤーウェルト製法の核心部分となるこの工程にこそブランドの実力が最も反映されます。張り、歪み、伸縮全てに気を配りながら革という均一な質を期待するのが難しい素材を左右同一に仕上げなければならない技術が必要とされる難易度の高い工程です。

  4. 底付け

    靴の完成度と履き心地に直結するこの工程は実力とセンスを兼ね備えた熟練職人が長年の経験で獲得した目と手の感覚を存分に活かして作り上げて行きます。1mmという日常生活では気にもしないその誤差さえも許されないシビアな工程です。

  5. 職人たち

    Berwick 1707は靴の名産地たるスペイン・アルマンサの人々の手により日々生産されています。街そのものが一つの家族であるかの様に穏やかなこの地で、自らのブランドに誇りを抱く彼ら、彼女らによって作り上げられた逸品を是非お試し頂ければと存じます。

Collection

Store

Berwick 1707は以下の店舗・オンラインショップよりお求め頂けます。

大阪府大阪市中央区北浜3-6-13 日土地淀屋橋ビル1F [Map]
06-6226-4800
東京都千代田区丸の内1-9-1 7F [Map]
03-3212-8011
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 本館5F [Map]
06-6271-1231
大阪府大阪市北区梅田3-1-1-8F [Map]
06-6343-1231
兵庫県神戸市中央区明石町40番地-6F [Map]
078-331-8121
京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地-5F [Map]
075-211-8111
北海道札幌市中央区北5条西4丁目7番地-6F [Map]
011-828-1111
愛知県名古屋市中区栄3-16-1 北館2F [Map]
052-251-1111
静岡県静岡市葵区御幸町10番地の2 本館2F [Map]
054-254-1111
静岡県静岡市葵区鷹匠2-16-20 1F[Map]
054-260-7688
オンラインショップ
Amazon / Javari
堂島靴店 Online Store